HEADER画像

マレーシアで働きたい方のために。
マレーシアに関する情報提供サイトです。

日本人学校が充実、駐在員の家族も多く滞在

マレーシアには約1万人の日本人が生活しています。その多くは日系企業や商社、IT系、保険、銀行、日本大使館などで働く社員とその家族です。マレーシアには日本人学校が4校あります。ジョホール日本人学校、ペナン日本人学校、コタ・キナバル日本人学校と、クアラ・ルンプール日本人学校です。

クアラルンプール日本人学校では幼稚園、小学校、中学校があり全校で生徒数約800名が在籍しています。2000年前までは約1400名もの生徒が在籍していましたが、その後は徐々に減少してきています。原因の1つにマレーシアにある日系企業の減少が考えられます。これまでマレーシアに進出してきた日本企業の多くがより労働賃金の安い中国へ進出したことによるものです。しかし2013年には多くの日本企業が中国進出のリスクを感じ始め、やはり投資先マレーシアとしての期待が高まっています。今後は増加していくと推測できますね。

クアラルンプール日本人学校は1966年に設立されました。もともとは大使館の建物を活用して児童数14名からスタートしたものです。

このページの先頭へ